【鳥取県庁】面接試験対策用:面接カード・質問集

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

鳥取県庁が求める人物像

【協働と連携により、地域の発展に貢献する職員】

・公平、公正な職務遂行に使命感、誇り(志)、意欲を持って取り組む職員

・円滑なコミュニケーションにより組織の内外で連携を図る職員

・地域、組織の課題やその解決策について自ら進んで考え、行動する職員

・地域を支える「人財」として成長し続ける職員

鳥取県庁の面接カード内容

・学歴(※中学卒業以降のもの)

・職歴

・資格、免許等(見込含む)

・鳥取県職員以外への就職活動の状況

・これまでに力を入れて取り組んだこと
※学生生活や社会活動(学業、職務、アルバイト、スポーツ、文化芸術、ボランティア等)で、力を入れて取り組んだことを記入してください。
※その時にどのように行動し(苦労したこと、工夫したこと等)、その結果どのような成果が得られたかを詳細かつ具体的に記入してください。

・性格(長所と思う点、短所と思う点)

・趣味、特技

・私の考える鳥取県
※現在の鳥取県についてどう思うか、今後どのような地域にしたいと考えているかについて、県職員を志望する動機や自分自身が県職員として取り組みたいことと関連づけて記入してください。

・自己PRシート
※自らの知識・能力・技術・経験等が、どのような仕事(分野)で活用できるのか、どのように有益なのか、といった観点で記入してください(学業、スポーツ、文化芸術、社会活動、職務経験等から得た知識等)。
※この様式はあくまで参考様式ですので、パソコン等で別途作成していただいてもかまいません(その場合、必ず職種、受験番号、氏名を上記のように記載してください)。
※提出していただいた用紙は返却しませんので、必要に応じて提出前に控えを取っておいてください。
※発表中、用紙の控えを見ることができますが、発表は、なるべく面接官の方を向いて行ってください。
※面接官は、提出していただいた用紙を見ながら説明を聴きますので、必要に応じ、箇条書きにしたり、図表等を用いたりして、わかりやすい資料となるよう心がけてください。

※面接カードの内容は変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

面接質問集のご案内

鳥取県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。