【徳島県庁経験者採用】過去問:論文試験

過去問

※論文試験は、90分、約1000字
※経験者採用試験は、2018年から実施されている。

【2021】

(行政事務)
「新型コロナウイルス感染症」により、人流の抑制や県境をまたぐ移動制限が行われる中、「地域の活動」や「各種イベント」のあり方が大きく様変わりし、地域経済への影響も深刻なものとなっている。
今後、アフターコロナを見据え、これらの活動やイベントを持続可能なものとして継続し、地域を活性化していくために、デジタルの活用や新たな手法による開催方法について、これまでの(職務)経験を踏まえ、「具体的な方策」と「その効果」について述べなさい。

(行政事務DX)
令和2年12月に総務省が策定した「自治体DX推進計画」における自治体の取組内容として、推進体制の構築が挙げられ、テーマとして、
○組織体制の整備
○デジタル人材の確保・育成
○計画的な取組み
○都道府県による市区町村支援
が示されている。
それぞれを実施するにあたっての方策について所見を述べなさい。

(総合土木)
高度成長期以降に整備されたトンネルや橋梁等、社会インフラの老朽化が進む中、これら施設を適切に維持管理していくことは喫緊の課題である。本県では、インフラの定期点検を行い、その結果に基づき長寿命化計画を策定し、計画的な維持管理を進めているものの、将来にわたり安全性を確保していくためには、AIやIoTなど、先端技術を活用し、メンテナンスコストの縮減や平準化を図っていく必要がある。
そこで、社会インフラの老朽化対策について、今後、どのように進めるべきか、これまでの経験を踏まえ、あなたの考えを述べなさい。

【2020】

(行政事務)
新型コロナウイルス感染症によって,一部の人たちによる心ない言動(感染者の個人情報を探索・拡散したり,あるいは,阻害するような言動)が問題になっている。少子高齢化が進んでいる本県では,「人に優しい」社会を目指していくべきであると考えた場合,徳島県として,行政はどのような距離感でこのような行為に対峙し,対策を取るべきか。これまでの経験を踏まえた上で,あなたの考えを具体的に述べなさい。

(総合土木)
気候変動の影響により頻発・激甚化する水災害や切迫する巨大地震等から県民の「生命」と「財産」を守ることは最重要の使命である。このため,3か年緊急対策後も中長期的な視点に立った計画的な取組を行い,防災・減災が主流となる安全・安心な県土づくりを推進する必要がある。そこで,県土強靭化をさらに推進するために,徳島県が優先的に取り組むべき課題とその対策について,これまでの経験を踏まえて,あなたの考えを述べなさい。

【2019】

(行政事務)
わが国の国難とも呼べる「人口減少」,「災害列島」への対応は,徳島県においても重大な行政課題である。これらの課題に対し,今後,徳島県の取り組むべき方向性や対応策について,これまでの職務経験を踏まえた上で,「人口減少」,「災害列島」,いずれかの課題を選択してあなたの考えを述べなさい。

(総合土木)
公共事業を取り巻く社会情勢が変化する中,「公共工事の品質確保の促進に関する法律」が本年6月に改正され,働き方改革の推進,生産性の向上,災害時の緊急対応強化など,公共工事の発注者の責務が具体的に定義されている。そこで,建設産業を取り巻く現状を踏まえ,10年後を見据えて,公共事業の発注者は,今後どのように取り組むべきか,これまでの経験を踏まえて,あなたの考えを
述べなさい。

【2018】

(行政事務)
徳島県では,人口減少の克服と東京一極集中の是正による「地方創生」の実現に向けて,民間企業の持つ「強み・ノウハウ」を最大限に活用すべく,民間企業との連携協定の締結を推進しているところです。ついては,あなたのこれまでの職務経験を踏まえ,県政における様々な課題の解決に向けた民間企業との連携について,具体例を挙げて,あなたの考えを述べなさい。

参考:プレゼンテーション課題

【2021】

あなたがこれまでの経験で培ってきた、これだけは自信があると思うスキルや知識などについて、徳島県職員になった場合にどのように活かすことができるのか、述べなさい。

【2020】

これまでのあなたの人生の中で一番のピンチであったことを挙げて,どのようにピンチを乗り越えたのか,さらに,その経験が県庁職員としてどのように生かせると考えるか,説明してください。

【2019】

徳島県では,勤務の効率化,超過勤務の縮減など,働き方改革を推進中である。民間企業の経験を踏まえ,あなたが県職員となった場合,ワークライフバランスをどのように進めていくか,プレゼンテーションをしてください。

【2018】

徳島県は「戦う公務員」を募集中です。あなたが考える「戦う公務員」とはどのようなものか,また,あなたがなりたい「公務員像」についてプレゼンテーションしてください。

社会人採用ならGravity!

Gravity日本唯一の社会人採用専門の予備校です。
所属講師は最大手予備校TACでの講師経験があるなど、抜群の経歴を誇っています。

・日本唯一の「社会人採用専門」予備校!
・講師自身が社会人採用試験の合格者!
・講師は全員「元公務員」!

社会人採用で重要となる論文面接に力を入れているのも注目ポイント。
オンライン指導により全国の県庁・市役所に対応しています。

課題式論文や職務経験論文(経験小論文)といった論文対策から、元公務員のプロ講師による模擬面接まで充実のサービス内容。
講師自身が社会人採用試験の合格者であり、実戦的な指導が期待できます。

公式LINE

Gravity公式LINE
特別区専用市・県専用「友だち登録」のメリット登録特典のプレゼント無料イベントへの優先案内時事対策に役立つ最新情報を提供LINE限定情報の配信最新情報の提供 など※ TwitterやYouTubeなどでは語られない、読むだけで合格に近づく有益情報をお届けします!

YouTube

筒井夢人の『夢ラジオ』 / 公務員試験お悩み相談ch
✅自己紹介 社会人採用専門予備校Gravity講師の筒井夢人です。 公務員試験対策のプロ講師をしています。 ちなみに元公務員で、自身も受験経験があります。 最終合格先は以下のとおりです(一部を掲載)。 ⇒特別区経験者採用 (15位合格・新宿区内定) ⇒横浜市社会人採用 (4位合格) ⇒国家公務員経験者採用 係長級(5