【栃木県庁】面接試験対策用:面接カード・注目ニュース|職員採用

tochigi-picture栃木県

こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信しており、フォロワー数は現在約5500人です!

【栃木県】公務員試験対策記事|リンクまとめ|公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト|note
このnoteについて こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、栃木県の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績 ・某大手公務員予備校に勤務 ・その後独立し、アップドラフトを開業 ・現在は大学

職員には、県民全体の奉仕者として誠実かつ公正に職務を遂行することはもとより、これまで以上に社会経済情勢の変化に機敏に対応し、県民の視点で行動することが求められています。

このような観点から、「目指すべき職員像」と「求められる姿勢と能力」を次のとおり掲げました。

目指すべき3つの職員像

・高い意欲と実行力を備えた「挑戦する職員」 

・栃木県職員としての使命感を持った「信頼される職員」

・県民起点の発想で、県民と連携協力できる「協働する職員」

求められる姿勢と能力

・新たな課題への「チャレンジ精神」 

・県民全体の奉仕者としての「高い倫理観」

・目標の実現に向けて「協力して取り組む姿勢」 

・国際化や将来を見据えた「幅広い視野」

・従来の考え方や仕事の進め方にとらわれない「柔軟な発想」

・納税者の視点で仕事を効率的に進める「スピードとコスト意識」

・問題点を見極め、主体的に施策を立案できる「高度な企画力」 

・複雑多岐にわたる行政課題に対応できる「専門的な知識と技術」 

・社会情勢の変化を把握し、適切に対応できる「的確な判断力」

・考えを伝え、理解・協力を得るために「説明・調整する力」

栃木県庁の面接カード内容

・学歴、職歴

・受験の動機、理由について

・他の就職試験等の状況について

・学生時代に最も興味をもった科目、ゼミのテーマ

・部活動、学校、会社等でのサークル、クラブ活動の経験、又は就業経験で身に付けた知識、技能

・学校生活、就業経験の中で、最も印象に残ったこと

・今までに芸術やスポーツでの実績、表彰されたこと

・自覚している性格について(具体的に記入)

・これまでの人生の中で一番苦しかったことは何か

・余暇の過ごし方や趣味など

・最近最も関心を持ったこと。またその理由

・自己PR

・職員になったとき、どんな仕事をしたいか

【栃木県】公務員試験対策記事|リンクまとめ|公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト|note
このnoteについて こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、栃木県の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績 ・某大手公務員予備校に勤務 ・その後独立し、アップドラフトを開業 ・現在は大学

注目ニュースまとめ

内容

栃木県に関連した注目ニュース随時更新
※筆者の大学講座における講義でも利用しています。

目的

県内自治体・国立大学法人の面接試験で役立つ最新の情報を受験生に提供する。
※受験生が自分で調べる手間を大きく省きます。
※自身での志望先に関する情報の調べ漏れをカバーします。

期待できる5つの効果

①県内自治体の最新の情報を把握することができる。

②栃木県全体に関する理解が進み、自信をもって面接に挑める。
県庁の面接では、県内の市役所について聞かれることがあります。
逆に、市役所の面接で県庁の取組を知っているか聞かれることもあります。

③栃木県ならではのネタを準備しておくことで、志望度の高さをPRできる。
国立大学法人の面接では、大学だけではなく、県内のニュースについて聞かれる場合があります。

④面接試験で頻出の「あなたが関心を持っている最近の取組を教えて」、「ほかにはないの?」という質問にも適切に回答できるようになる。

⑤面接試験で「対応策の提案」などを求められた際に、現時点での計画や政策を踏まえて回答することができる。

注目ニュースまとめ

栃木県、部課長級の女性割合12.8%で過去最高に
栃木県、部課長級の女性割合12.8%で過去最高に
栃木県は4月1日付の定期人事異動で新たに14人の女性を部課長級に登用する。部課長級の女性は57人となり、全体に占める女性の割合は前年から3.4ポイント上昇し過去最高の12.8%となる。県では2020年度から24年度にかけて毎年200人前後が定年退職を迎えるが、大半を男性が占める。積極
栃木県、自動運転バスの実験候補地に9カ所追加
栃木県、自動運転バスの実験候補地に9カ所追加
栃木県は2021年度から実施する自動運転バスの実証実験の候補地として、那須塩原市の塩原温泉郷や芳賀町の工業団地など新たに9カ所を選定した。決定済みだった中山間地の茂木町と合わせて23年度までの3カ年で計10カ所で実験を行うこととなる。県は実施に向けてルートや便数など詳細を詰める。21年度は茂木町のほか、観光地の塩原温泉
栃木の芳賀第2工業団地、2社の進出決定
栃木の芳賀第2工業団地、2社の進出決定
栃木県企業局は12日、芳賀町で造成中の芳賀第2工業団地で2社の進出が決まったと発表した。4区画のうち、2区画の予約分譲先を内定した。造成を終える2022年春をメドに正式な分譲契約を交わして土地を引き渡す。予約分譲が決まったのは物流業の日新(横浜市)とろ過装置製造の東洋濾紙(東京・中央)。日新は4.62ヘクタールの用地に
栃木県、21年度は4.4%のプラス成長
栃木県、21年度は4.4%のプラス成長 あしぎん総研予測
足利銀行傘下のシンクタンク、あしぎん総合研究所(宇都宮市)は2021年度の栃木県の実質県内総生産の成長率が4.4%になる見通しだと公表した。20年度については新型コロナウイルスの影響で戦後最悪となる7.7%のマイナス成長を予想しており、コロナ前の水準に回復するのは22年度以降になるとした。日本全体の実質国内総生産(GD
栃木県と宇都宮大、SDGsで連携協定
栃木県と宇都宮大、SDGsで連携協定
栃木県と宇都宮大学は16日、SDGs(持続可能な開発目標)の推進に関する連携協定を結んだ。2021年度は協定にもとづき、女性活躍の推進や気候変動対策など5項目に重点的に取り組む。県は21年度からの5カ年の総合計画でSDGsの達成を目標に掲げており、福田富一知事は「

【栃木県庁志望者へのサービス案内】

栃木県庁の面接に不安を感じていませんか?

何を聞かれるかがわからなくて怖い
質問にクセがありそうで不安
変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

【栃木県庁に合格したいあなたへ】
栃木県庁:面接試験質問集

※タップすると商品紹介ページへ移動します。

【Twitterでも最新情報を発信中!】

アップドラフトはTwitterでも情報発信を行っています。

時事問題で出そうなニュース
論文試験で使えそうな取組
面接試験で役立つ自治体ネタ

フォローしておくだけで、あなたの公務員試験合格率がグッと高まります!

※下記Tweetをタップすると、Twitterに飛びます。

栃木県
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト
タイトルとURLをコピーしました