【大分県庁】論文試験:過去問|公務員試験

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク
◆タップで飛べる目次◆

過去問

【2020】

我が国の女性の就業率(15~64歳)は平成29年時点で67.4%と、OECD加盟35か国中16位で、第1位のアイスランドの83.3%と比べると大きな開きがあります。国内においては、少子高齢化と人口減少が急速に進行しており、人口減少を克服し、元気な地域づくりを実現する地方創生を加速前進する上で、女性の活躍は重要かつ喫緊の課題であり、女性が社会の様々な場面で活躍することが求められています。こうした中、女性が働きやすく存分に活躍できる社会の実現に向けて、あなたの考える課題を挙げ、どのような取り組みが必要か述べなさい。

【2019】

本県では、「地方創生」を加速前進させるため、UIJターンなど、新たな「人」を呼び込む魅力ある仕事づくりや活力ある地域づくりを推進しています。しかしながら、県外の大学等に進学し、Uターン就職しない人や県内の大学を卒業した新規学卒者においても県内就職者は平成30年5月現在2228人中718人で、県内就職率は32.2%と低い水準です。このような状況を踏まえ、本県への県内就職を一層進めるために県が取り組むべき施策について、あなたの考えを述べなさい。

【2018】

民法の成年年齢を20歳から18歳に引き下げることなどを内容とする民法の一部を改正する法律が本年6月に成立し、2022年4月1日から施行されます。既に18歳以上に引き下げられた選挙権年齢と合わせ、若者の積極的な社会参加を促す政策の一環であり、政府は、少子高齢化が進む社会に大きな活力を与えたいとしています。一方、成年年齢の引下げにより、様々な影響が生ずることが考えられます。成年年齢の引下げについて、課題となることを挙げ、それを解決するためにどのような取組が必要か、あなたの考えを述べなさい。

【2017】

少子高齢化による人口減少が進展する中、2040年の大分県の生産年齢人口(15歳~64歳人口)は50.4万人と2010年の約3割に当たる22万人が減少すると予測されています。全国的に、各地域への就職の促進や働き方改革など人手不足の克服に向けた取組が行われています。そのような中、大分県としてどのように人手不足への対策を進めていくべきか、あなたの考えを述べなさい。

【2016】

先般の熊本地震では、熊本県や大分県など広範囲にわたって大きな被害が発生しましたが、今後50年以内に90%程度の確率で発生が予想される南海トラフ地震とともに、近年の異常気象により増加傾向にある洪水や土砂災害等の自然災害に備えることが必要です。そこで、被害を最小限にするためにはどのような取組が必要かについて、自助・共助・公助の観点から、あなたの考えを述べなさい。

【2015】

国は、「まち・ひと・しごと創生法」を2014年11月に制定し、人口の減少に歯止めをかけるとともに、東京圏への過度の人口集中を是正し、それぞれの地域で住みよい環境を確保して、将来にわたって活力ある日本社会を維持していくための地方創生に取り組んでいます。地方創生の実現のために、大分県として取り組むべき課題と方策について、あなたの考えを述べなさい。

【2014】

大分県は平成27年春のオープンを目指して新しい県美術館(以下「新県立美術館」という。)を大分市寿町に建設しています。新県立美術館は「大分スタイル」のどこにもない美術館、感性や創造性に訴える「五感を刺激する」、「大分らしい」美術館を目指すとともに、「県民とともに成長する」をモットーに県民ニーズの多様な広がりにも柔軟に対応できるようにすることなどをコンセプトとしています。開館後は、県の芸術文化の中心拠点としてだけでなく、地域活性化(まちづくり)の拠点施設としての役割も期待されています。このような新県立美術館のコンセプトや役割を実現するための具体的な方策について、あなたの考えを述べなさい。

【2013】

大分県の人口総数は昭和60年の約125万人をピークに減少し、現在の推計では119万人を下回っています。出生数が死亡数を下回る自然減に加え、県外への転出が県外からの転入を上回る社会減も続いています。人口減少の要因と地域に及ぼす影響を挙げ、行政が取り組むべき課題と方策について、あなたの考えを述べなさい。

【2012】

住民の行政に対するニーズが複雑多様化する中で、そのニーズを的確にとらえ、適切に対応することが県にとってもますます重要になっています。今、大分県民が県行政に何を求めているかについて考察し、県行政の課題とその対策について、あなたの考えを述べなさい。

【2011】

地域間競争が激化する中、持続力のある魅力的な地域づくりに向け、地域の底力が問われる時代となっています。魅力ある地域づくりを進める上で、本県行政が取り組むべき施策について、あなたの考えを述べなさい。

【2010】

地震や風水害などの自然災害、新型インフルエンザなどによる健康被害に対する危機管理のあり方について、県の役割を踏まえて、あなたの考えを述べなさい。

【2009】

大分県が最も優先的に取り組まなければならない課題を挙げ、そう考える理由と、その課題に向けてどのように取り組むべきかあなたの考えを述べなさい。

【2008】

大分ブランドとして全国展開が図れると思う地域資源を一つ挙げ、その理由と大分が取り組むべき方策を論じなさい。

面接質問集のご案内

大分県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。