【奈良県庁】面接試験対策用:面接カード・質問集

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

奈良県庁が求める人物像

これまで、ともすれば既存の制度や枠組みの中で、業務を迅速・正確に処理することに力点が置かれがちであったが、地方分権時代においては迅速・正確にとどまることなく、本県の独自性、主体性のもとに創造的でかつ効率的・効果的な行政施策を、県民のニーズに応える形で展開していくことができる能力が今まで以上に求められる。
今後は、公務員としての自覚と使命感、そして常に人権を尊重して業務の遂行に努めるという基本的な姿勢を持った、次のような職員が求められる。

○広い視野と多くの経験、専門分野についての高度な知識と技術を持つ職員

○中長期的な視点で、県政の課題に果敢にチャレンジする職員

○県民ニーズ等への鋭敏な感性を持ち、県民の立場で公務を担う職員

○コスト意識を持って、計画的・効率的に業務を遂行する職員

○常に問題意識を持ち、高い目標と新しい発想で仕事に取り組む職員

奈良県庁の面接カード内容

・学歴

・在学中の経歴(卒論、ゼミナール等のテーマとその概要・所属クラブ、アルバイト等)

・職歴

・これまでにチャレンジしたこと(2つ以上)と、そこから得たもの(180字以内)

・アピールしたい過去の実績等(例:ボランティア、地域活動等)

・自己PR(自己の能力を県政にどのように活かすことができるか。)(210字以内)

・資格、語学、特技等

・志望動機及び特に携わりたい業務(150字以内)

※面接カードの内容は変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

面接質問集のご案内

奈良県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。