【長野県庁】論文試験:過去問|公務員試験

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク
◆タップで飛べる目次◆

過去問

【2020】

急激な人口減少や、技術革新、グローバル化の急速な進展など、長野県を取り巻く状況変化を踏まえ、県民の「しあわせ」の実現のために県が重点的に取り組むべきことは何か、あなたの考えを具体的に述べなさい。

【2019】

今、長野県が最優先で解決すべき課題を1つ挙げ、その解決に向けてどのような取組を進めていくべきか、あなたの考えを具体的に述べなさい。

【2018】

少子高齢化や人口減少、技術革新、グローバル化の急速な進展など、変化の著しいこれからの時代に対応するため、今後、長野県がチャレンジしていくべきことは何か、あなたの考えを具体的に述べなさい。

【2017】

あなたが考える長野県民の「しあわせ」とはどのようなものか、また、その実現に向けて県はどのようなことを重点的に取り組かべきか、あなたの考えを具体的に述べなさい。

【2016】

長野県は、「移住したい都道府県」ランキングで10年連続1位に選ばれています。その要因として考えられることを挙げるとともに、今後も1位を維持していくためには、県は具体的にどのような取組を進めていく必要があるか、あなたの考えを述べなさい。

【2015】

長野県の「強み」と「弱み」を踏まえ、「長野県らしさ」を生かした県行政を進めるためには、どのような取組が必要か。あなたの考えを具体的に述べなさい。

【2014】

長野県が直面する行政課題を一つ挙げ、その課題解決に向けてどのように取組むべきか、あなたの考えを具体的に述べなさい。

【2013】

長野県では人口の減少が続き、減少幅も拡大傾向にある。今後も人口減少が進んでいった場合に想定される課題を挙げ、その課題解決に向けて県はどのような施策を実施すればよいか、あなたの考えを述べなさい。

【2012】

あなたがこうあってほしいと考える「20年後の長野県の姿」を述べたうえで、その姿を実現するために県職員としてどのようなことに取り組みたいか、具体的に述べなさい。

【2011】

長野県が、県民にとってより住みよい県となるために必要な施策について述べ、それを実現するために、あなたは県職員として具体的にどのようなことに取り組みたいか述べなさい。

【2010】

あなたが長野県職員として活性化したいことを挙げ、その理由と具体的な方法について、あなたの考えを述べなさい。

【2009】

近年、自動車やガス器具のリコール隠し、食品の偽装表示、保険金の不払い等の問題が相次いでいる。こうした問題に対処する場合、(1)各企業の取組みと市場の評価に比重を置く考え方と、(2)行政による規制に比重を置く考え方の違い(メリット・デメリット等)について検討した上で、行政としてどのような取組みをすればよいかあなたの考えを述べなさい。

【2008】

地方においては、日常生活における公共交通機関(バス、鉄道等)の利用者の減少傾向が続いており、地域の公共交通を担う事業者の経営は極めて厳しいものとなっている。こうした状況の背景にある社会情勢の変化と、地域社会において公共交通機関が担う様々な役割を検討した上で、行政としてどのような取組みが必要か述べなさい。

面接質問集のご案内

長野県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。