【宮城県庁】集団討論:過去の出題テーマ|採用試験

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

過去の出題テーマ

【2020】

「宮城県で育った若者に県内で就職してもらうためには,県としてどのような取組が有効か」というテーマで議論し,グループの意見をまとめなさい。

【2019】

「ブログやSNS、動画共有サイトなどのソーシャルメディアが社会に与える影響」というテーマで議論し、グループの意見をまとめなさい。

【2018】

・「救急車などの公共サービスの有料化の是非」というテーマで議論し、グループの意見をまとめなさい。

・現在高齢者の交通事故が増加しており、免許証の自主返納を進める動きがある。自主返納を促進させる取組みについて討論せよ。

・宮城県の観光名所といえば仙台と松島だが、他の場所を訪れてもらうのに有効な取組みを討論せよ。

【2017】

・「行政や社会による子育て支援のあり方」というテーマで議論し、グループの意見をまとめなさい。

・小学校低学年に更に英語教育を進めていくことについて議論し、意見をまとめなさい。

・「地方自治体による婚活支援」について議論し、意見をまとめなさい。

【2016】

・「高齢者が培った知識や技術を地域に伝えていくにはどのようなことが必要か」というテーマで議論し、グループの意見をまとめなさい。

・生産性を向上させながら、ワークライフバランスを確立するには、どのような取組みが有効か。

・宮城県の農林水産物が輸入農産物に対抗するためにどのような取組みが必要か。グループの意見をまとめなさい。

【2015】

・産業としての伝統工芸が抱える課題について対応策を考え、グループの意見をまとめよ。

・近隣の住民との間で災害時に「共助」の精神をもつために必要な取組みを考え、グループでまとめなさい。

・子どもが宮城県で暮らすことに誇りをもつためにはどうしたらよいか。

・自然災害による風評被害で、観光客が減少してしまうことへの対策について。

面接質問集のご案内

宮城県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。