【三重県庁】面接試験対策用:面接カード・注目ニュース|職員採用

mie-picture三重県

こんにちは、公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト(@koumuin_saiyou)です!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信しており、フォロワー数は現在約6000人です!

【三重県庁】公務員試験対策記事|リンクまとめ【県内自治体】|公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト|note
このnoteについて こんにちは、公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、三重県庁・県内自治体・国立大学法人等(三重大学)の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績 ・
スポンサーリンク

三重県庁が求める人物像

県民とともにアクティブに、新しい三重を創っていく日本一の職員

職員の基本姿勢(3つのC)

コンプライアンス(Compliance)

これは「不適切な事務処理及び不祥事の再発防止に向けて(平成 31 年3月)」における再発防止策を受けて、基本方針においても、県民の皆さんに信頼されるよう、職員一人ひとりのコンプライアンス意識や倫理観のさらなる向上が重要ということで柱としました。

チャレンジ(Challenge)

人口減少、少子・超高齢社会の進行が加速し、働き方の多様化だけでなく、「VUCA(ブーカ)な時代」といわれる今、あらゆる場面で自ら考え、未来を切り開くための取組に果敢に挑戦できる職員、業務改善の取組に挑戦できる職員であることが重要ということで柱としました。

コミュニケーション(Communication)

当初の「三重県職員人づくり基本方針」から一貫して、県政運営のベースである「人」について、管理職を含めて組織全体でより大切に育てる意識を大事にし、対話を通じて、組織全体で、より積極的に職員に働きかける「みんなで行う人づくり」に取り組むこととしています。

三重県庁の面接カード内容

面接カード

・最終学歴

・職歴

・志望動機とあなたが入庁したら、やってみたい仕事について記載してください。

・あなたが自覚している性格(長所、短所)

・日々、心がけていること

・過去2、3年前までのことで、力を入れて自主的に行ったことや成果を出したことについて、具体的に書いてください。(学業など)

・専攻学部、学科を選んだ動機、理由

・参加したクラブ活動、サークル活動、ボランティア活動の内容

・趣味・特技など

・最近関心や興味をもった社会問題、時事ニュース

・検定、資格、免許の取得状況(英語検定、国家資格等)

自己アピール書

・あなたの特筆すべき能力・経験等について3つまで記載してください。ただし、3つ全てを記載する必要はありません。

※自己アピール面接では、上記の内容とともに、あなたが三重県職員として携わりたい職務と、その職務を通じて実現していきたいことについて、アピールしていただきます

※面接カードの内容は変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

【三重県庁】公務員試験対策記事|リンクまとめ【県内自治体】|公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト|note
このnoteについて こんにちは、公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、三重県庁・県内自治体・国立大学法人等(三重大学)の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績 ・

注目ニュースまとめ

内容

県内自治体に関連した注目ニュース随時更新
※筆者の大学講座における講義でも利用しています。

目的

県内自治体の面接試験で役立つ最新の情報を受験生に提供する。
※受験生が自分で調べる手間を大きく省きます。
※自身での志望先に関する情報の調べ漏れをカバーします。

期待できる5つの効果

①県内自治体の最新の情報を把握することができる。

②三重県全体に関する理解が進み、自信をもって面接に挑める。
※県庁の面接では、県内の市役所について聞かれることがあります。
※逆に、市役所の面接で県庁の取組を知っているか聞かれることもあります。

③三重県ならではのネタを準備しておくことで、志望度の高さをPRできる。

④面接試験で頻出の「あなたが関心を持っている最近の取組を教えて」、「ほかにはないの?」という質問にも適切に回答できるようになる。

⑤面接試験で「対応策の提案」などを求められた際に、現時点での計画や政策を踏まえて回答することができる。

注目ニュースまとめ

三重県と日本航空、次世代モビリティーなどで連携協定
三重県と日本航空、次世代モビリティーなどで連携協定
三重県と日本航空は新たな連携協定を締結した。両者は2015年に食と観光の振興に向けた協定を結んでいおり、今回新たに次世代モビリティーの開発や実用化、仕事と余暇を組み合わせたワーケーションについても連携する項目に追加した。鈴木英敬知事と同社の赤坂祐二社長がオンラインで協定書に署名した。同社は三重県を除く6道県と協定を結
三重県、環境債グリーンボンド発行 中部で初
三重県、環境債グリーンボンド発行 中部で初
三重県は16日、資金使途を環境分野に限った環境債「みえグリーンボンド(仮)」を2021年度に発行することを決めた。今後、対象の事業を決めて低公害車の導入などに充てる。同県によるとグリーンボンドの発行は中部3県の自治体では初めて。グリーンボンドは一般の県債に比べ、ESG(環境・社会・企業統治)投資に注目する機関投資家から
三重県版「デジタル庁」がスタート 「温かいDX目指す」
三重県版「デジタル庁」がスタート 「温かいDX目指す」
三重県は1日、同日付で新設したデジタル社会推進局の立ち上げ会合を県庁で開いた。県は同推進局を「三重県版デジタル庁」と位置づけており、県政のデジタルトランスフォーメーション(DX)化を担う。約240人の公募者の中から選ばれ、最高デジタル責任者(CDO)に就任した田中
性指向暴露禁止条例を可決 三重、都道府県で初
性指向暴露禁止条例を可決 三重、都道府県で初
三重県議会は23日の本会議で、性的指向や性自認を第三者に暴露する「アウティング」と、カミングアウトの強制を禁止する条例案を全会一致で可決した。条例の目的を「性の多様性を認め合う社会の実現」と位置付けた。施行は4月1日。アウティング禁止条例は東京都国立市などが施行しているが、都道府県レベルでは初。国は昨年6月施行の女性活
三重県、中小のDX推進に指南役企業 コンサルやIT系
三重県、中小のDX推進に指南役企業 コンサルやIT系
三重県は中小企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際の支援事業を拡充する。指南役で事業に協力してもらうIT(情報技術)やコンサルタント系の法人サポーターを募り、一本化して手厚い支援を目指す。新型コロナウイルスの経済対策で2年目の補助金の公募枠を非製造業にも広げ、相談センターを開設する考えだ。県の事業協力

【三重県庁志望者へのサービス案内】

三重県庁の面接に不安を感じていませんか?

何を聞かれるかがわからなくて怖い
質問にクセがありそうで不安
変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

【三重県庁に合格したいあなたへ】
三重県庁:面接試験質問集

※タップすると商品紹介ページへ移動します。

【Twitterでも最新情報を発信中!】

アップドラフトはTwitterでも情報発信を行っています。

時事問題で出そうなニュース
論文試験で使えそうな取組
面接試験で役立つ自治体ネタ

フォローしておくだけで、あなたの公務員試験合格率がグッと高まります!

※下記Tweetをタップすると、Twitterに飛びます。

三重県
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト
タイトルとURLをコピーしました