【熊本県庁】面接試験対策用:面接カード・質問集

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

熊本県庁が求める人物像

県民の視点に立ち、自ら考えてチャレンジし、スピード感をもって実現できる人

熊本県は、県民の総幸福量を最大化するため、「チーム熊本県庁」として、力を合わせて震災からの復興に取り組んでいます。

熊本県庁では、その原動力となる、自ら考え行動し、成長のために努力する、チャレンジ精神あふれる方を求めています。

私達が目指す県職員像は、「県民の視点に立ち、自ら考えてチャレンジし、スピード感をもって実現できる人」

熊本県庁は、充実した研修制度で、あなたの成長をバックアップします。

熊本県庁の面接カード内容

・職歴

・他の試験の受験状況(国及び地方公共団体等の採用試験、民間会社等の採用試験、進学等試験(司法試験含む))

・熊本県職員を志望する理由と受験職種を志望する理由について、そのきっかけとなったあなたの経験や考えを交えながら、具体的に記入してください

・日常生活において、どのようなことを心がけ、それをどのように実行してきたか、そのきっかけとなった事柄を含めて具体的に記入してください

・これまで学校、地域社会又は職場生活において、どのような分野でどのようなことに力を入れてきたのか、その理由を含めて記入してください。また、その結果、どのようなことを得ることができたのか、具体的に記入してください

・あなた自身の行動に最も大きな影響を与えた事柄について記入してください

・これまでの人生の中で、成功したと思った体験を一つあげ、具体的に記入してください

・あなた自身の性格、人柄について、具体的な事柄を交えながら記入してください(強み、長所と弱み、短所)

・趣味、特技について記入してください

※面接カードの内容は変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

面接質問集のご案内

熊本県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。