公務員試験が延期になったら何が起こるのか【影響を読む】

はじめに

昨日、警視庁警察官Ⅰ類(第1回)の採用試験の延期が発表されました。
原因はコロナウイルスの感染拡大です。

延期後の日程については、後日公表するとのことです。
ただし、恐らく日程調整は難航すると思われます。

というのも、いくら延期をしたとしても、その時期にコロナウイルスが収束していなければ再延期をせざるを得ません。
収束の見通しが立っていない現状では、どこまで延期をしたとしても再延期のリスクを排除できないでしょう。

さらに、警視庁の延期発表は、他の公務員試験にも少なからぬ影響を及ぼすでしょう。
とくに日程が近い東京都庁Ⅰ類B、Ⅰ類A、そして特別区への影響は小さくないと思われます。

なぜなら、

「警視庁が延期した!」

という前例があれば、

「では、我々も延期しますか!」
「いやぁ、こうなっては仕方ありませんナァ」

という判断を下しやすくなるからですね。
となると、受験生の皆さんとしては、

「えっ、じゃあ都庁が延期になったらどうなるの…?」
「特別区が延期されたら何が起きるんですか?!」

というのが気になるところだと思います。
そこで今回は、「本試験が延期になったら何が起こるか」について、予想と考察を行おうと思います。

具体的には、「都庁と特別区が延期になったら」というシチュエーションを考えてみることにしましょう。

ポイントは下記のとおりです。

【ポイント】

面接試験が後ろ倒しになる
試験種ごとの対策を同時に進める必要が…
面接日のバッティングが増えるかも…
民間組の参入が増え、競争が激化する

面接試験が後ろ倒しに

まず、1次の筆記試験が後ろ倒しになった場合、面接試験も後ろ倒しになることが予想されます。
それも、大きく後ろ倒しにしてくる可能性があります。

というのも、筆記試験の日程調整に比べれば、面接試験は日程調整が容易だからです。
筆記試験の場合、会場が大学であることが多く、会場確保にもそれなりの労力がかかります。

それに比べ、面接はそこまで大規模な施設が必要とはなりません。
受験する人数も筆記に比べれば少ないですし、監督官の人員も少なくて済みます。

そのため、面接日程を柔軟に変更してくる可能性はあります。

試験種ごとの対策を同時に進める必要が…

ここから重要になるのが、

国家一般職
国税・財務専門官、労働基準監督官
地方上級(県庁・政令指定都市)

など、後続の試験種の動向です。

仮に、国般、国税等、地上が日程を動かさなかったとしたら…
皆さんが筆記・面接対策を受けるタイミングが、1時期に集中することになるでしょう。

その場合、都庁・特別区対策を進める一方で、国般、国税等、地上を同時に進めなければなりません。
少なくとも、瞬間的には皆さんの負担は大きくなることでしょう。

面接日のバッティングが増えるかも…

さらに、後続の試験種が日程を動かさなかったとすると、面接日のバッティング可能性が高まります。
面接日のバッティング自体は珍しいことではありません。

そういう受験生は毎年必ず出てきます。
しかし、面接のタイミングが1時期に集中すれば、バッティング可能性はさらに高まることでしょう。

二者択一を迫られ、苦渋の決断をすることになるかもしれません。
運良くそうならなかったとしても、過密日程により心身ともに疲弊することになるのは間違いないでしょう。

とくに、国家一般職で官庁訪問を控えている受験生は、地獄のようなスケジュールになると思われます。

民間組の参入が増え、競争が激化する

と聞くと、
「国般・国税・地上も後ろ倒しにしてくれないかなぁ…」
「そうすればバッティングしなくてすむのに…」
とお考えになるはずです。

しかし、これはこれで厄介な問題を生みます。
それは、「後ろ倒しになればなるほど、民間組の参入可能性が高まる」というものです。

県庁や政令指定都市、市役所などのように、面接のウェイトが大きい試験種ほど、民間組の参入可能性は高まるでしょう。
コロナショックによって、大不況のリスクが顕在化しつつあります。

民間で内定を得ている学生であっても、
「一応、市役所受けとこうかな…」
「親も受けとくだけ受けとけ!ってうるさいし」
と、受験をしてくるかもしれません。

とくに、教養試験だけ、あるいはSPIだけという市役所や国立大学法人には、受験生が殺到することが予想されます。
そして、この殺到具合は、試験が後ろ倒しになればなるほどヒドいものになると考えられます

なぜなら、後ろ倒しになればなるほど、民間組にとっては筆記試験対策の猶予期間が増えることになるからです。
その結果、競争は激化し、倍率は上昇していくでしょう。

そのため、公務員一本の受験生は、専門試験が課される試験種で合格を勝ち取ることが最重要となります。
仮に延期になったとしても、気持ちを切らすことなく試験対策を続けていきましょう!

面接質問集のご案内

裁判所・国税専門官・国家一般職等の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています。