【公務員】説明会・セミナーの服装【スーツ不要?私服・普段着?】

mensetsu-taisaku面接対策

こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信しており、フォロワー数は現在約5500人です!

スポンサーリンク

はじめに

公務員受験生からよく聞かれる質問に、

説明会はスーツで行ったほうがいいですか?

というものがあります。

 

説明会の要項などを見てみると、

・平服でお越しください
・普段着でお越しください
・服装は自由です

と書かれているものの…

 

「ほんとに自由でいいのかな…」

「スーツで来いってことかも…」

 

こういうこと、気になりますよね?

ということで今回は、説明会での服装がテーマとなっています。

 

少しでも服装のことが気になっている人はぜひ読んでみてください。

スーツで行くのが無難

結論から言うと、スーツで行ったほうがいいと思います。

理由の説明に入る前に、あることを考えてみましょう。

 

そもそも受験生の皆さんは、なぜそこまで服装を気にするのでしょうか?

 

おそらく、

「他の受験生がどんな服装で来るかわからない…」

「まわりと服装が違うと浮きそうだし…」

というのが大きな理由でしょう。

 

それでは、そこに焦点を当てて思考実験をしてみたいと思います。

他の受験生がスーツだったら…

仮定の話として、他の受験生の多くがスーツで来たと考えてみましょう。

この場合には、なんとなく自分もスーツで行ったほうがよさそうな気がしませんか?

 

というのは、周囲がほとんどスーツの中で、自分だけが私服だと悪目立ちしてしまうからですね。

他の受験生が私服だったら…?

反対のケースとして、他の受験生の多くが私服で来たと考えてみましょう。

この場合には、スーツで行っても、私服で行ってもどちらでもいいような気がしますね。

 

まず、説明会という場でスーツを着ていることはおかしなことではありません。

もちろん私服で行ったとしても、周囲が私服なら浮くことはないでしょう。

どっちに転ぶかはわからない!

問題は、他の受験生がスーツで来るか、私服で来るかは、当日会場に行ってみるまではわからないということです。

だとするならば、どちらのケースにおいても問題のないスーツで行くのが妥当だと思われます。

 

要は「スーツを着ていけば、失敗することはない」ということですね。

大学内や予備校内なら私服でOK!

ただし、今の話は官公庁が主催の場合です。

 

主催が大学や予備校の場合には、私服で行っても問題ありません。

わたしが勤務していた予備校でも説明会を主催していましたが、ほとんどの受験生は私服で来ていました。

 

今勤務している大学でも学内説明会がありますが、ほとんどの学生が私服で来ています。

この場合には、私服で行っても浮くことはありません。

ですので、気軽に参加できるのが特徴ですね。

まとめ

ということで、まとめると

・スーツで行くのが無難
・大学内や予備校内なら私服でOK!

ということですね。

 

着慣れていない人にとってはスーツを着ていくのはおっくうかもしれません。

ですが、公務員として働くときには毎日スーツを着る訳ですから、早目に慣れておいて損はないと思いますよ。

 

ぜひ、面接対策を行う上で参考にしてみてください。

【アップドラフトのサービス案内】

面接カードに不安を感じていませんか?

志望動機が上手くまとまらない
自己PRが伝わるか不安
書き方が間違っている気がする

その不安、アップドラフトが解消します!

【面接カードを最高のクオリティに】
面接カード添削サービス

※タップすると商品紹介ページへ移動します。

【Twitterでも最新情報を発信中!】

アップドラフトはTwitterでも情報発信を行っています。

時事問題で出そうなニュース
論文試験で使えそうな取組
面接試験で役立つ自治体ネタ

フォローしておくだけで、あなたの公務員試験合格率がグッと高まります!

※下記Tweetをタップすると、Twitterに飛びます。

面接対策
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト
タイトルとURLをコピーしました