【公務員】論文では他自治体の取組をパクリまくれ!

はじめに

今回は、公務員試験の論文についてしばしば頂く相談をテーマにしました。

 

具体的には、

「論文の解決策には、受験先の取組を書かないとダメですか?」

というものです。

 

これについては、講師やアドバイザーの中でも意見が分かれるかもしれません。
「書くべき」「書かなければならない」と主張をなさる方々は、

「一般的な解決策に触れるだけでは上位合格は不可能」

「受験先独自の政策を書けるかどうかで順位が決まる」

「その組織の施策を挙げると加点される」

とおっしゃることが多いように思います。

 

この論点に関して、アップドラフトは、

・必ず書かなくてはいけない、ということはナイ
・重要なのは、それで課題が解消されるかどうか
・他自治体の政策を上手にマネて解消されるなら、その筋で書けばOK!

という見解です。

 

以下にその理由を説明します。

論文で問われているのは知識ではない

そもそも論文とは、ごく素朴に言うのなら「論理的な」「文章」のことです。
では、なぜ論理的な文章を試験で課すのでしょうか?

 

これもごく素朴に考えるなら、受験生の「論理的思考力」と「文章力」を見たいからではないでしょうか。
つまり、論文で問われているのはその2つの能力であって、知識そのものではないというのが私の意見です。

 

ですから、

・一般的な政策を、一般的な論理で、一般的な文章で

書けたのならそれで構わないと考えます。

独自に対応できているなら課題として出さない

ある課題に直面する自治体が、その課題に対して独自の政策を打っている状況を考えてみましょう。
仮にその政策が有効と考えられるなら、中長期的には課題が解消されることが予想されます。

 

しかし、時間とともに解消されるような課題をわざわざ論文試験で課すでしょうか?
例えば、特別区で2018年に出題された論文試験を見てみましょう。

 

後半だけを紹介すると、

「このような状況を踏まえ、社会における子どもの貧困問題について、特別区の職員としてどのように取り組むべきか、あなたの考えを論じなさい」

ここで特別区としては、「子どもの貧困」という課題が現に存在し、放っておくだけでは解消されないと考えているのではないでしょうか。

 

だからこそ、この課題について皆さんに問いかけているのだと思います。
だとすれば、場合によっては「その自治体がやっていないこと」「やってはいても、不十分なこと」について言及することになるでしょう。

 

これは「独自の政策が行われていない」あるいは控えめに表現するのであれば「独自の政策だけでは不十分である」ことを前提とするわけですから、原理的に「独自の政策」に触れることができないこともあるでしょう。

将来の課題に対しては、独自の政策は恐らくまだナイ

将来の課題になると、上記の理屈がより一層当てはまることになります。

例えば、2019年に神奈川県庁で課された論文試験を見てみましょう。

「出入国管理法改正により、外国人労働者が増加することが見込まれているが、神奈川県は今後どのように対応していけばよいか、あなたの考えを論じなさい」

「外国人労働者が増加することが見込まれている」

とあることからも、これは「将来」発生する課題だということがわかりますね。

 

すると、素直に考えるのであれば、「まだ対応はできていない」「これから対応策を講じていく」という状況だと言えるでしょう。

 

実際、問題文中にも「今後どのように対応していけばよいか」と書かれていることから、今後の話、将来の話であることがわかります。

だとすれば、現在時点では対応策が打たれていないこともあるでしょう。

 

その場合には、「独自の政策」そのものがないことになります。

「独自の政策」がない以上は、皆さんがそれを引用することはできないように思います。

他の自治体の取組で良いモノがあれば、それでOK!

「じゃあ、結局どうすればいいんですか?」

 

という質問に対しては、「他の自治体の取組で良いものがあれば、それを書けばOK!」とお答えします。

 

どういうことかと言うと、

・受験先の自治体が直面する課題
・将来直面する課題

 

これらについて、

・同様の課題に直面している自治体
・既に直面した自治体

というのがきっと存在するはずです。

 

そして、それら自治体の取組で良いと思えるものがあれば、それを引用すればいいのです。

皆さんにとって、あるいは行政官にとって重要なことは、

「いかに課題を解決するか」

ということです。

 

新規性やオリジナリティは重要ではありません。

学術論文ではないのですから、それらを気にする必要はないと思います。

 

ですから、

・特別区の論文で三鷹市や武蔵野市の取組を
・横浜市の論文でさいたま市の取組を
・神奈川県庁の論文で埼玉県の取組を

それぞれ参考にすることは一向に構わないのです。

 

そもそも、「他の自治体の取組だからダメ」というのはどう考えても筋の通らない話です。

「この取組はウチの課題を解決するのにスゴく良い案だ!でも、ヨソの取組だからダメだな。減点!!減点!!」

などということがあるでしょうか?

 

少なくとも、そのようなことはナイだろうというのが私の立場です。

ぜひ、自信をもって、他自治体の取組をパクリにパクッてください。

面接質問集のご案内

公務員試験の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。