公務員試験の面接で「地域活性化」と言いたい人へ

はじめに

学生たちと模擬面接をすると、必ず「商店街や中小企業を支援して地域活性化に取り組みたいです!」という定番の回答を受けることになります。

自分たちの故郷や地元のシャッター街や過疎化を実感し、それをなんとかしたいという思いは素晴らしいものだと思います。

 

しかし、私が「なぜ市役所が商店街に補助金を配る必要があるの??」、「なぜ県庁が中小企業の広報をやってあげる必要があるの??」と聞き返すと、「弱い立場の商店街とかを守らなくては・・・」と自信のない返答をもらうことになります。

この「地域活性化に取り組みたい」というタイプの学生は、深く考えずに面接用の回答として言っていることが多く、真剣に検討した結果ではない場合が非常に多いです。

 

「なんとなくかっこいい」、「なんとなく楽しそう」という安易な考えだけで答えているのです。

だから、私が「‘活性化’っていったいどういう状態のこと??」、「なぜ行政が取り組む必要があるの??」と聞くと答えに窮してしまうのです。

 

深みと厚みのある回答をして面接試験を上位で突破するためにも、「地域活性化」を面接試験で答える受験生は、以下の点を検討してみてください。

地域活性化についてのチェックリスト

・「地域活性化」とはどういう状態のことなのか
・なぜ今は活性化していないのか
・活性化している街の特徴は何か
・商店街の大切さを言う一方、あなたも商店街を利用していないのではないか
・商店街に補助金をあげるだけで本当に活性化するのか
・特定の企業にだけ補助金を出すのは、ほかの企業との公平性に欠けるのではないか
・商店街への補助金や中小企業のPRをしてあげるだけなら、あなた以外の職員でもできるのではないか。(あなたは職場でどういう価値を提供できるのか)
・活性化に向けた提案はあるか
・地域活性化について調べたことや勉強したことはあるか
・そもそも、なぜ地域活性化に関心を持ったのか
・観光客を誘致しても、一部の宿泊業者やお土産業者だけが利益を得るのではないか
・現在、うちの市(県)では、どういう取組みをしているのか知っているか
・あなたが注目している全国的な事例は何か
・イベントを開催しても、一過性で終わるのではないか
・うちの市(県)の『まち・ひと・しごと創成総合戦略』は読んでみたか

おわりに

上記の検討事項に対して、自分なりの根拠や答えを説明できそうでしょうか。

すぐに答えがでなくても、自分の考えをノートにまとめたり、実際に市役所職員に聞いてもらったり、大学の先生に意見をもらったりと、検討を重ねていってください。

 

「あなたがやりたい仕事」というのは、面接試験での「軸」となる部分ですので、しっかり準備をしていきましょう。

面接質問集のご案内

公務員試験の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。