【公務員】時事問題の参考書は『速攻の時事』で決まり!

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

はじめに

前回の記事では、受験生の時事対策が遅れてしまう理由について書きました。

今日は具体的な対策方法について書いていきます。

『速攻の時事』を使え!

結論から言いますと、「『速攻の時事』を使え!」ということです。
私は実務教育出版の回し者ではないですが、やはり、時事対策としてはこれを勧めます。

なぜ、『速攻の時事』を勧めるかというと、理由は3つです。

最低限必要な情報が網羅されている

まず、「最低限必要な情報が網羅されているから」です。
時事対策として必要な情報がしっかりと網羅されており、実際に毎年この中から出題があります。

時事対策本として当たり前ともいえる「内容の改訂」をしっかりとやっていない出版社もありますので、この点において『速攻の時事』には信頼があります。

ほかの受験生も使っている

次の理由としては、「ほかの受験生も使っているから」ということです。
この理由が一番大きいです。

これはどういうことかと言いますと、「『速攻の時事』の内容をしっかり覚えた上で、試験本番でわからない問題が出たら、ほかの受験生もみんな解けない」ということです。
これは大きな安心感になります。

私が指導している大学講座やかつて勤務した予備校でも、8割の生徒たちは『速攻の時事』を使っていました。
公務員試験はマニアックな問題を解けるようになる必要はありません。

過半数の人が解ける問題をしっかり得点していけば合格できる試験です。
このため、『速攻の時事』で解けない問題が出てきても、ほかの受験生たちも解けませんので、あせることなく対応することが可能です。

的中率が最も高い

また、各種の時事対策本の本試験での的中率を比較すると、『速攻の時事』のそれが最も高いものとなっています。
この事実からも、特別なこだわりがない場合には時事対策は『速攻の時事』一択であろうと思います。

この『速攻の時事』は、例年2月上旬に発売となりますので、発売されたら早めに購入してください。

面接質問集のご案内

公務員試験の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。

時事対策
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト