【国税専門官】公開模試の平均点,難易度,目安となる得点

はじめに

今回は国税専門官の公開模試について、平均点、難易度、目安となる得点を述べてみたいと思います。

公務員試験の中でも、国税の採用試験は受験者数・採用人数ともに多い、大規模なものです。
第一志望とする人は多くはない印象ですが、併願先として受験していく人は大勢います。

ですから、公開模試についても力試しとして受ける人が多いんですね。
ただし、その結果を解釈するときには注意が必要です。

他のコラムでも申し上げてきたとおり、公開模試は公開模試です。
本試験ではありません。

どんな特徴があるのかをきちんと踏まえたうえでなければ、次のアクションへ役立たせることは難しいでしょう。
ぜひ、このコラムを参考にしながら、模試の結果を以降に活かしてください。

【ポイント】

模試の平均点:33~34(教養:17~18, 専門:16)
本試験の平均点は「38~39」、模試のほうが難しい…
33~34点を取れていればひと安心!

模試の平均点は33~34

各予備校ごとに平均点は異なっていますが、ここでは参考までに最大手であるTACの公開模試を取り上げたいと思います。
TACが運営する校舎のひとつ「TAC中大駅前校」のブログ掲載情報によれば、各年度ごとの平均点は下記のとおりです。

教養試験→2019年:17.2, 2018年: 18.6, 2017年: 18.1
専門試験→2019年:16.3, 2018年: 16.9, 2017年: 16.6
合計得点→2019年:33.5, 2018年: 35.5, 2017年: 34.7

直近3カ年についての平均点(合計)は、「33~34点ということが確認されました。

本試験の平均点は38~39:模試のほうが難しい…

次に、国税専門官の本試験における平均点は何点なのか、確認してみましょう。
データは「人事院 国家公務員試験 採用情報NAVI」の公開情報と、アップドラフトが情報公開請求で入手したものを利用します。

本試験平均点は下記のとおりです。

教養試験→2019年:18.2, 2018年: 21.3, 2017年: 19.4
専門試験→2019年:21.1, 2018年: 17.5, 2017年: 18.0
合計得点→2019年:39.3, 2018年: 38.8, 2017年: 37.4

38~39点」が本試験の平均点となっているようですね。

先ほど紹介したように、公開模試の平均点は「33~34点でした。
つまり、公開模試のほうが平均点が5~6点低いということですね。

ここから、明らかに模試のほうが難しいということが言えそうです(少なくともTACは)。

33~34点を取れていればひと安心!

国税専門官は、1次試験の倍率が2倍を切っています(直近3カ年)。
ということは、平均点を取れていれば、1次試験はきちんと通過できるということです。

ですから、模試で平均点を取れていればひと安心してイイと思います。
33~34点」がひとつの目安になりそうですね。

本試験で目指している点数を今回取れなかったとしても、気にする必要はありません。
模試の平均点を取れているのなら、十分に合格圏内です。

先に述べたとおり、模試は本試験よりも難しく作られています。
点数換算で「5~6点」ほどですね。

ということは、仮に本試験での目標点に届かなかったとしても、それは皆さんの実力が不足していたからではありません。
シンプルに「問題が難しかった」というのが原因なのです。

おわりに

繰り返しになりますが、33~34点というレンジに迫っていれば、合格は射程圏内です。
都庁や特別区が終了した後に会計学を勉強していけば、合格をさらに確実なものにできるでしょう。

ぜひ、国税の合格を確実なものとするため、以降も頑張ってください。

面接質問集のご案内

裁判所・国税専門官・国家一般職等の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています。