【川崎市】小論文試験:過去問|公務員試験

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク
◆タップで飛べる目次◆

過去問

【2020】

羽田連絡道路(令和2年度完成予定)は、成長戦略拠点の形成を支えるインフラとして、川崎市の殿町地区と大田区の羽田空港跡地地区を結ぶ都市計画道路です。本事業は東京都、川崎市及び国土交通省航空局が事業の施行者となり、川崎市が工事施工者として整備を実施しています。
そこで、羽田連絡道路の完成を見据え本市が取り組むべき施策について、その施策に取り組むべき根拠と併せてあなたの考えを具体的に述べてください 。

【2019】

川崎市は政令指定都市のなかで人口増加比率が最も高く、令和元年5月1日現在の人口で神戸市を上回り第6位になりました。
全国的に人口減少が進むなか、令和12(2030)年まで人口増加が続くと予測されている川崎市の人口増加の要因についてあなたの分析を述べたうえで、その人口増加及び人口集積を活かし、かつ、やがて訪れる人口減少期を見据えつつ、「選ばれるまち」また、「住み続けたいまち」であり続けるために取り組むべき川崎市の施策について、一つの政策分野を挙げ、具体的に提案してください。

【2018】

観光庁が発表した2018年観光白書によれば、2017年(平成29年)の訪日外国人旅行消費額は、前年比17.8%増の4兆4162億円となりました。また、旅行消費に計上されない効果として、宿泊業における建設投資や製造業の設備増強投資等も創出されており、大きな効果のある訪日外国人旅行消費を地域の活力として取り入れている事例が日本各地で見られています。
川崎市としても、大きな効果のある訪日外国人旅行消費を取り込み、経済効果を十分に享受するために、今後どのような取組みを行えばよいのか、川崎市が持つ地域資源、地域特性などを踏まえ、具体的な取組みについて提案してください。

【2017】

平成27年国勢調査結果によれば、全国で人口減少となるなか、川崎市の人口は、戦後一貫して増加傾向にあります。
また、川崎市は年齢構成等の大都市比較においても、生産年齢人口の割合が67.7%と最も高く、老年人口の割合が19.5%と最も低く、平均年齢が42.8歳と最も若いことが特徴です。
このように、川崎市は活力のあるまちとなっておりますが、そのポテンシャルを活かして、今後も魅力あるまちづくりを進めていくためには、川崎市としてどのような取組みを行えばよいか。川崎市が持つ地域特性や地域資源などを踏まえた上で具体的な取組みについて提案してください。

【2016】

これからの川崎市職員には、どのような能力が求められると思いますか。川崎市を取り巻く社会情勢、基礎自治体が果たすべき役割、政令指定都市が有する権能に触れながら、あなた自身がその能力をどの程度持ち合わせているかも併せて、自由に考えを述べてください。

【2015】

川崎市では、平成26年末に新たなエネルギー施策、災害対策の相互連携などについて、多摩川でつながる世田谷区との包括協定を締結するなど、自治体間連携の取組を進めています。
そこで、「自治体間連携の必要性・有効性」についてあなたの考えを述べたうえで、今後、川崎市が他自治体と連携した取組を進めていくにあたり、「実現可能性があり、かつ効果が高いもの」として、どのような取組が考えられるかを具体的に提案してください。

【2014】

川崎市では、急速に変化する近年の社会経済状況などに対応する「新たな総合計画」の策定に向けて検討を進めています。総合計画とは、これからの川崎市の目指すべき方向やそのための取組内容を明らかにする、10年間程度のまちづくりの計画であり、川崎市の将来に向けた道しるべと言えるものです。
そこで、「10年後の川崎市をどのようなまちにするべきか」という川崎市の将来像について、現在の社会情勢や今後の社会環境の変化などを踏まえながら、あなたの考えを述べてください。

【2013】

川崎市では、将来にわたり持続的に成長していくために、川崎市が持つ特徴や強みを活かして、成長力のある産業の育成や振興などを進めているところです。その取組のひとつが、市内企業に蓄積された先端的な環境・エネルギー技術を活用して環境産業を振興する取組(「グリーンイノベーション」)ですが、今後、川崎市が持続可能な都市として、さらに成長、発展していくためには、この環境産業振興の取組も含めて、どのような取組が有効(あるいは必要)であると考えますか。その取組が有効(必要)であると考える理由やその効果などについて、あなたの考えを述べてください。

【2012】

川崎市では、文化、芸術、スポーツ等のさまざまな地域資源を活用して、川崎市の魅力を育て発信する取組を進めています。今後、さらに川崎市の魅力を高めて、地域の活性化に繋げるために、どのような取組を行うべきでしょうか。活用すべき地域資源を一つ挙げて、その地域資源の魅力、具体的な取組方法、その取組から得られる効果などについて、あなたの考えを述べてください。

【2011】

川崎市では、市民にとって身近な行政機関である区役所が、行政窓口サービスを提供することに加え、地域社会が抱えるさまざまな課題を市民との協働により解決する「市民協働拠点」となるため、区役所機能の強化に取組んでいます。
そこで、「市民協働拠点」としての機能を十分に発揮するために、どのような取り組みを行っていくべきかについて、あなたの考えを述べてください。

【2010】

川崎市では、『人間都市』、『安心快適都市』、『元気都市』、『安定持続都市』、『オンリーワン都市』という5つのキーワードを掲げ、このキーワードを基に川崎市のまちづくりを進めています。このキーワードのうち、あなたが特に関心を持つキーワードを挙げるとともに、そのキーワードを基にあなたならどのようにまちづくりを進めるかについて、具体的な事業を示して考えを述べて下さい。

【2009】

川崎市では、不透明感を増す経済環境において、景気の後退、円高の影響による輸出産業の停滞などへの効果的な対応を図ることを目標に市の施策はもとより、産業界などとも連携し、総合的かつ機動的な取り組みを推進して市内経済の安定化を図るため、「川崎市緊急経済対策本部」を設置しています。施策の実施に当たっては、国の経済対策との整合を図りながら、本市の特色を活かし、市内経済の安定化を図る上で有効な政策手段を講じているところです。
そこで、あなたが考える「川崎市の特色を活かした市内経済の安定化を図るための政策手段」について、具体的な手法を挙げ、その効果と課題等を整理して述べてください。

【2008】

川崎市では地球温暖化対策に積極的に取り組むために、平成20年2月に「カーボン・チャレンジ川崎エコ戦略(CCかわさき)」を策定しております。この戦略の中では市民・事業者・行政など多様な主体が一体となった実行性のあるCO2の削減施策が求められています。
そこで行政の立場としての川崎市はどのような取組みができるかあなたの考えを述べてください。

面接質問集のご案内

神奈川県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。