【春日井市】面接試験対策用:面接カード・質問集

春日井市が求める人物像

かすがい市民とともに信化します

①市民との協働・信頼関係

私たち自治体職員は、住民の福祉の増進を目的として地方行政に従事していることはいうまでもありません。
これからは、今以上に市民感覚を備える必要があります。
市民が何を望んでいるか、どこに問題があるのか、といった様々な要求に対し、市民の立場に立って考え、市民とともに解決していく意識、感覚が求められます。
市民と同じ目線で対応できる職員、市民に信頼される職員が望まれます。

すマートな自治体経営を目指し新化します

②経営感覚

限りある財源や人的資源を効率的に活用するとともに、経営感覚を持ち、刻々と変化する社会情勢を的確に捉え、長期的なビジョンで春日井市の未来を見据えていくことが重要です。
「役所の常識」にとらわれない新しい感覚を持った職員が望まれます。

がッツと使命感を忘れずに心化します

③やる気・チャレンジ精神

常に自分たちの使命を忘れずに、困難に立ち向かい、意欲を持って職務を遂行していくことが必要です。
失敗を恐れず、困難なことにも果敢にチャレンジしていく強い心を持った職員が望まれます。

いつも新発想!私たちは伸化し続けます

④先見性・改善意識

従来のやり方、考え方にとらわれることなく、柔軟な発想や創意工夫で市民に対する行政サービスを提供していくことも必要です。
職員一人ひとりが望ましい職員を目指し、自己研鑽に励み、自己実現に向けて意欲的に職務を遂行していくことが求められます。
自己の能力を伸ばしていこうと取り組む職員が望まれます。

春日井市の面接カード内容

・学歴、職務経歴

・資格、免許

・志望動機(「数ある自治体や民間企業等のうち、なぜ春日井市職員を志望するか」を400~500字で記入)

※面接カードの内容は変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

面接質問集のご案内

愛知県庁・県内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。