【石巻市】面接試験対策用:面接カード・注目ニュース|職員採用

miyagi-picture宮城県

こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信しており、フォロワー数は現在約5500人です!

【宮城県】公務員試験対策記事|リンクまとめ|公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト|note
このnoteについて こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、宮城県の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績 ・某大手公務員予備校に勤務 ・その後独立し、アップドラフトを開業 ・現在は大学
スポンサーリンク

石巻市が求める人物像

石巻市に求められるもの

本市をめぐる状況の変化はその規模もスピードも一段と増しており、震災からの復興、少子高齢化、地域活性化など多くの課題に向き合い、高度化・多様化した市民ニーズに対応した行政サービスをいかに提供するかが大きな課題となっています。
魅力あるまちづくりのため、これまで以上に、環境の変化に応じて、広い視野と高い観点からの創意工夫、柔軟な対応、市民視点での行政運営が求められています。
このような点から、石巻市の行政運営に求められるものとして以下の5項目を設定します。

(1)市民本位の行政運営

高度化・多様化する市民ニーズに的確かつ迅速に対応し、市民の視点に立った市民本位の行政運営が求められています。

(2)地域の実情に応じた個性ある政策の実施

地域の課題解決に向けて、地域の特性を活かしつつ、先見性のある政策を実施することが求められています。

(3)効率的な行政運営

厳しい財政状況の中、効率的で効果的な行政運営を行うためのコスト意識や都市経営感覚を持った効率的かつ戦略的な行政運営が求められています。

(4)市民に信頼される透明性ある行政運営

情報公開を積極的に進め、政策の企画、変更、評価等のあらゆる段階で市民コンセンサスの確保と市民への説明責任の明確化が求められています。

(5)危機管理を意識した行政運営

東日本大震災を教訓として、行政が抱える様々な危機から市民を守るため、起こりうる多様な危機・事態を想定した行政運営が求められています。

求められる職員像

本市の人材育成にあたっては、前述した「石巻市に求められるもの」を実現するために「求められる職員像」=「育成すべき職員像」として、次に示す意識を有し、その役割を果たす職員の育成に取り組みます。

市民感覚を有する職員

・常に市民の立場に立ってものを考え、行動できる職員
・常に質の高い市民サービスを心がけ職務に当たる職員
・市民ニーズを的確に把握し、対応できる職員

チャレンジ精神を有する職員

・高い目標を掲げ、新しい課題に積極果敢に取り組む職員
・慣習、前例にとらわれず、常に改善・改革を心がけ職務に当たる職員
・環境の変化に柔軟に対応し、独自の発想で企画・立案できる職員

経営感覚を有する職員

・コスト意識をもって、計画的・効率的に職務を遂行できる職員
・費用対効果や受益者負担を意識しながら企画・立案できる職員
・組織の方針を的確に把握し、自分に求められる役割を果たせる職員

豊かな人間性を有する職員

・常に人間としての成長を指向する旺盛な向上心を持つ職員
・全体の奉仕者として使命感と情熱を持ち、市民に信頼される職員
・地域住民と積極的に関わり、地域活動に貢献する職員

危機管理意識を有する職員

・常に危機管理のための問題意識を有する職員
・不測の事態に備え、問題の未然防止を講じることのできる職員
・危機発生時において迅速かつ的確に対応できる職員

石巻市の面接カード内容

・専攻学科を選んだ理由

・卒論、ゼミナールまたは演習のテーマ

・職歴

・石巻市の他に採用試験を受けているか

・最近関心をもった事柄

・自己紹介(自分の人柄)

・趣味、娯楽等余暇の過ごし方

・スポーツまたは部活動の経験の有無、またどのようなものか

【宮城県】公務員試験対策記事|リンクまとめ|公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト|note
このnoteについて こんにちは、アップドラフト(@koumuin_saiyou)です。 この記事では、宮城県の公務員試験(論文試験・面接試験)対策に関連した記事をまとめています。 アップドラフト:経歴&実績 ・某大手公務員予備校に勤務 ・その後独立し、アップドラフトを開業 ・現在は大学

注目ニュースまとめ

内容

宮城県に関連した注目ニュース随時更新
※筆者の大学講座における講義でも利用しています。

目的

県内自治体・国立大学法人の面接試験で役立つ最新の情報を受験生に提供する。
※受験生が自分で調べる手間を大きく省きます。
※自身での志望先に関する情報の調べ漏れをカバーします。

期待できる5つの効果

①県内自治体の最新の情報を把握することができる。

②宮城県全体に関する理解が進み、自信をもって面接に挑める。
県庁の面接では、県内の市役所について聞かれることがあります。
逆に、市役所の面接で県庁の取組を知っているか聞かれることもあります。

③宮城県ならではのネタを準備しておくことで、志望度の高さをPRできる。
国立大学法人の面接では、大学だけではなく、県内のニュースについて聞かれる場合があります。

④面接試験で頻出の「あなたが関心を持っている最近の取組を教えて」、「ほかにはないの?」という質問にも適切に回答できるようになる。

⑤面接試験で「対応策の提案」などを求められた際に、現時点での計画や政策を踏まえて回答することができる。

注目ニュースまとめ(随時更新)

復興関連8割減、ソフト対策重視 宮城県21年度予算
復興関連8割減、ソフト対策重視 宮城県21年度予算
宮城県は9日、一般会計総額が1兆532億円となる2021年度予算案を発表した。東日本大震災からの復興関連予算が11年度以降で最少となるなど、20年度当初予算に比べ7%減った。国が復興を手厚く支援する「復興・創生期間」後として初の予算だが、新型コロナウイルスの感染拡大で県税収入が大幅に落ち込むなど、ポスト復興の道のりは険
七十七銀行、自治体にウェブで口座振り替え 宮城県初
七十七銀行、自治体にウェブで口座振り替え 宮城県初
七十七銀行は2日、ウェブによる口座振り替えサービスを宮城県大崎市に導入した。口座振り替えの依頼を完全ペーパーレス化し、収納事務の効率化を目指す。自治体向けに導入するのは県内で初めて。市県民税や軽自動車税、保育料など14項目を対象にサービスを始めた。これまで税金などの支払いを口座振り替えにする場合、紙の依頼書に必要事項を
宮城県、看護職員を病院間で融通
宮城県、看護職員を病院間で融通 コロナで不足
新型コロナウイルスの感染拡大を受け、宮城県は1日、不足する看護職員を医療機関同士で融通し合う支援事業を始めた。コロナ患者を受け入れる病院などに不足感を聞き取り、看護職員を派遣できる医療機関とマッチングする。看護職員を応援派遣できる医療機関は県内に11カ所(1月末時点)ある。県は1日に2人の看護職員を人員が不足する病院へ
仙台発、減災へ国際規格 避難所や備蓄の質高める
仙台発、減災へ国際規格 避難所や備蓄の質高める
11日で東日本大震災から10年が経過した被災地・仙台で、防災用品や災害対応の新たな国際規格(ISO)を創設する取り組みが進んでいる。気候変動などで世界的に自然災害が甚大化する中、防災の質を高めることで被害を抑える狙いだ。国際規格が新設されれば防災用品やサービスなど関連ビジネスが活発化する可能性もある。ISOは工業製品や
仙台市、減収の飲食店など支援拡充 最大100万円
仙台市、減収の飲食店など支援拡充 最大100万円
仙台市は10日、新型コロナウイルスの影響で売り上げが落ち込んだ事業者への支援を拡充すると発表した。飲食店など時短要請の対象のうち300万円以上売り上げが減少した事業者への支給額を引き上げる。従来は売り上げの減少額にかかわらず法人20万円、個人事業主10万円だったが、減少した金額に応じて法人は30万~100万円、個人事業
「水産都市」石巻、生き残りを模索
「水産都市」石巻、生き残りを模索 事業所4割減
「水産都市」宮城県石巻市に集積する水産業者は、東日本大震災から10年を経た今も手探りのサバイバルを続けている。国、県、市は施設・設備の復旧などを支援してきたが、震災によって廃業した業者もあり事業所数は大幅に減少している。石巻市で60年以上にわたってホタテ・カキのパック詰めなどの1次加工を手掛けてきたマルセ秋山商店は20
石巻で「語り部ナビ」レンタカー 震災知る入り口に
石巻で「語り部ナビ」レンタカー 震災知る入り口に(写真=共同)
東日本大震災の被害のすさまじさや教訓を自動音声で案内するカーナビを搭載したレンタカーの貸し出しが、宮城県石巻市で始まった。手掛けるのは、全国の被災者に車を一定期間無料で貸し出す同市の「日本カーシェアリング協会」。事業部長の石渡賢大さん(30)は「震災を知る入り口にしてほしい」と訴える。「残念ながら震災で最大の被災地は石
素材開発のTBM、宮城・多賀城の工場竣工
素材開発のTBM、宮城・多賀城の工場竣工
素材開発スタートアップのTBM(東京・中央)は5日、多賀城工場(宮城県多賀城市)の竣工式を開いた。石灰石を原料に、プラスチックや紙の代替となる素材「ライメックス」を生産する。山崎敦義最高経営責任者(CEO)は「仙台港に近く、製品の輸出にもつながる」と語った。多賀城工場は同社にとって白石工場(宮城県白石市)に続く国
TBM、宮城・多賀城に新工場 世界展開のモデルに
TBM、宮城・多賀城に新工場 世界展開のモデルに
素材開発スタートアップのTBM(東京・中央)は2021年春、宮城県多賀城市で新工場を稼働させる。石灰石を原料に、プラスチックや紙の代替となる素材を生産し、自社工場での生産量を現在の5倍にする。世界展開をにらみ、量産可能なモデルとなる工場として整備する計画だ。TBMは11年に設立された新興企業。日本経済新聞社が11月にま

【石巻市志望者へのサービス案内】

石巻市の面接に不安を感じていませんか?

何を聞かれるかがわからなくて怖い
質問にクセがありそうで不安
変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

【石巻市に合格したいあなたへ】
石巻市:面接試験質問集

※タップすると商品紹介ページへ移動します。

【Twitterでも最新情報を発信中!】

アップドラフトはTwitterでも情報発信を行っています。

時事問題で出そうなニュース
論文試験で使えそうな取組
面接試験で役立つ自治体ネタ

フォローしておくだけで、あなたの公務員試験合格率がグッと高まります!

※下記Tweetをタップすると、Twitterに飛びます。

宮城県
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト
タイトルとURLをコピーしました