【北海道庁】小論文試験:傾向と対策【重要テーマを解説】

hokkaido-picture北海道

こんにちは、公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト(@koumuin_saiyou)です!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信しており、フォロワー数は現在約6000人です!

スポンサーリンク

はじめに

この記事では、北海道庁の小論文試験について、傾向と対策を解説していきます。
まず、北海道庁の小論文試験は配点が非公表となっています。

 

そのため、実際にどの程度の重要度を占めているのか、正確に把握することはできません。
ただし、小論文試験と人物試験で合否が決まることを考えると、無視することも難しいでしょう。

 

北海道庁の合格を確実なものにするためには、しっかりとした論文対策が必要になります。
とはいえ、どのように対策を進めていけばいいのかわからない受験生も多いはずです。

 

そこで、そのような受験生のために、アップドラフトが傾向と対策をまとめました。
それでは、早速解説していきます。

過去の出題テーマ

まずは北海道庁で過去に出題された小論文試験のテーマを見てみましょう。
テーマは下記のコラムより抜粋しております。

2019:北海道の労働力の維持
2018:公共交通ネットワークの維持
2017:『稼ぐ観光』の確立
2016:子育てのための環境整備
2015:防災の取組
2014:北海道新幹線の開業効果の波及
2013:食に関する北海道ブランドの可能性と課題
2012:格差

一見すると、繰り返し出題されているテーマはないようにも思えます。
しかし、ここで2つほど強調しておきたいポイントがあります。

実質的に「公共交通」は繰り返し出ている

第一に、公共交通というテーマは繰り返し出題されているという点です。
具体的には、下記の年ですね。

2018:公共交通ネットワークの維持
2014:北海道新幹線の開業効果の波及
これらは完全に同じテーマというわけではありません。
ただし、公共交通がテーマとなっている点は共通しています。
本州から離れており、かつ土地が広大な北海道において、公共交通は極めて重要なものです。
そういった事情もあって、小論文のテーマとして繰り返し出題されているのでしょう。
これらを踏まえると、北海道庁を受験する予定の人は、
・北海道の公共交通の現状
・考えられる課題
・必要な対策
について、内容を整理しておく必要があります。

北海道の財政状況を踏まえること

第二に、道の財政状況を踏まえることの重要性です。
ここでは、2015年と2014年の小論文試験の問題を引用します。
【2015】
北海道に住む私たちは、豊かな自然の恩恵を受けて生活している一方、時として自然の猛威にさらされることがあり、危機管理の面からも防災の取組が重要となっている。このような中、防災の取組を推進するために、道として解決すべき課題を述べるとともに、道の財政状況を踏まえ、優先して取り組むべきことについて、あなたの考えを述べなさい。
【2014】
北海道新幹線の開業は、本州との移動時間の大幅な短縮に伴う道内外との人的・物的交流の活発化など、地域再生の起爆剤として期待されている。今後、開業効果を広く波及させるため、解決すべき課題について述べるとともに、道の財政状況を踏まえ、道が優先して取り組むべきことについて、あなたの考えを述べなさい。
このように、小論文で政策提言を行う際には、道の財政状況が厳しいことを踏まえる必要があります。
実際、同じ文言ではありませんが、類似の意味を表す表現も過去には登場しています。
それは2018年の小論文です。
【2018】
広大な北海道においては、地域住民が安全・安心に暮らしていくために、鉄道やバス、航空や船舶などの公共交通ネットワークを将来にわたり維持していくことが必要である。本道の交通ネットワークを維持するためには、道としてどのような取組が必要か、あなたが考える実現可能な取組とその理由について書きなさい。

「実現可能な取組」という表現からは、財政状況を踏まえない非現実的な提言ではダメ、というニュアンスが感じとれます。

 

北海道庁も含め、地方自治体の財政状況には厳しいものがあります。
そのため、そういった現状をきちんと踏まえているかどうかが問われているのです。

 

小論文での提言においては、厳しい財政状況を踏まえ、より効率的かつ低コストな政策・施策を書けるとよいでしょう。

おわりに

ということで、北海道庁の小論文におけるポイントは、

・実質的に「公共交通」は繰り返し出ている
・北海道の財政状況を踏まえること
の2つになります。

それ以外ですが、北海道庁のこれまでの過去問では、いわゆる「論文でよく見かけるテーマ」しか出ていません。
ですから、上記2つのポイントをきっちりおさえたうえで、一般的な論文対策を進めていくのがよいでしょう。

 

ぜひ、このコラムの内容を参考に、万全の小論文対策を進めてください!

【北海道庁志望者へのサービス案内】

北海道庁の面接に不安を感じていませんか?

何を聞かれるかがわからなくて怖い
質問にクセがありそうで不安
変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

【北海道庁に合格したいあなたへ】
北海道庁:面接試験質問集

※タップするとまとめ記事へ移動します

【Twitterでも最新情報を発信中!】

アップドラフトはTwitterでも情報発信を行っています。

時事問題で出そうなニュース
論文試験で使えそうな取組
面接試験で役立つ自治体ネタ

フォローしておくだけで、あなたの公務員試験合格率がグッと高まります!

※下記Tweetをタップすると、Twitterに飛びます。

北海道
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト
タイトルとURLをコピーしました