【函館市】面接試験対策用:面接カード・質問集

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

函館市が求める人物像

「夢を持ち、改革に挑戦し、自律する職員」

⇒市民の視点に立ち、夢(目的意識)を持って改革に挑戦し、自律して組織目標を達成できる職員

求められる姿勢・能力

(1)公務員としての基本的姿勢

①高い公務員意識
②公務員としてのプロ意識
③市民からの信頼
④人権・男女共同参画意識
⑤郷土愛

(2)政策形成能力

①政策法務感覚
②スクラップ能力
③市民的感覚

(3)目標管理能力

激しく変化する社会経済情勢の中にあって、市民ニーズは今後さらに、高度化・多様化していくものと考えられ、地方公共団体が果たす役割はますます重要になります。
目標管理能力とは、このような時代の要請を的確に捉え、組織目標を設定したうえで計画的に実
行し、その成果を評価したうえで、次の職務に生かしていくという能力であり、職員の自主的な能力開発を促していくものです。

(4)職務遂行能力

職務遂行能力とは、職務を的確に遂行するために必要とされる能力であり、調査、検討し、その結果を文章化し、説明する能力(説明力)、考えを他人に伝える能力(伝達力)、人の述べることを理解する能力(理解力)、相手の要求を把握する能力(把握力)、計画期間内に職務を達成する能力(時間管理能力)です。
さらに、これらの能力の発揮にあたっては、創意工夫と改善を加え、コスト意識や経営感覚を持ちながら効果的・効率的に行われることが求められています。

(5)対人能力

職務は、自分の力だけで遂行することは不可能であり、様々な人の協力や連携が必要となります。
対人能力とは、職務の遂行において避けることができない「ひと」との接触を効率的、効果的に生かすことができる能力です。

 

説得することや協調を図ること、さらには交渉、折衝においては、着地点を見出したり調整したりすることができる能力です。
また、人間関係を広く結んで幅広いネットワークを形成することにより組織内でのコミュニケーションを円滑にし、部下や後輩の指導・育成を行うとともに、市民との信頼関係を結ぶことができる能力です。

函館市の面接カード内容

・学歴

・職歴

・資格、免許等

・長所、短所

・趣味、特技等

・大学での専攻分野と、その分野において力を入れて勉強してきたことは何ですか?

・函館市職員を志望する動機は何ですか?

・函館市職員として取り組んでみたい具体的な仕事を、理由とあわせて教えてください

・学業以外の活動(部活動その他の文化、スポーツ活動等)で特に熱心に取り組んだものがある場合は記載してください

・ボランティア経験がある場合は記載してください

・あなたの語学力について記入してください

・民間企業やほかの公共団体など、現在行っている就職活動の状況(受験先、合否等)を記入してください

面接質問集のご案内

北海道庁・道内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。