【旭川医科大学】面接試験対策用:面接カード・質問集

公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフトです!

関東・東海圏の大学を中心に、公務員試験の論文対策・面接対策を担当しています。
公務員試験対策の講師歴は10年以上です。

Twitterでも時事、論文、面接の最新情報を発信中で、フォロワー数は現在約9500人です!

スポンサーリンク

旭川医科大学の紹介

旭川医科大学は、北海道唯一の国立医科大学として昭和48年に創設されました。
事務職員及び技術職員は約1 8 0 人在職し、約2,000人の教育職員、看護職員及び医療職員などと一体となって、建学の精神でもある「地域医療に根ざした医療・福祉の向上」の原点に立ち、道北・道東における医学教育の拠点として、新しい時代の医師・看護職者の養成と医学の発達、地域医療の振興、社会福祉への貢献に努めています。

本学の基本とする目標は、医療の質の向上、地域医療への貢献、国際社会、特に発展途上国等への支援を推進するため、豊かな人間性と高い倫理観を持ち、多様な資質を有する医療職者を育成、また、国際的視野に立って生命科学に関する先端的な研究を推進し、高度な研究能力を持つ研究者を育成することです。
その中で働く職員の社会的役割は大きく、やり甲斐のある職場です。

そして、所在地である旭川市は、雄大な大雪山連邦に抱かれ、石狩川をはじめとする多くの河川が流れ、明瞭な四季が織りなす自然や行動展示で注目を集める旭山動物園をはじめとする観光資源を有し、芸術・文化活動も盛んな文化の香り高いまちであります。

旭川医科大学の面接カード内容

・学歴、職歴

・資格、免許、賞罰

・パソコン操作について

・健康状態

・外国語会話能力及び留学経験

・得意な学科、スポーツ

・趣味、特技

・自己の長所、短所

・国立大学法人等に就職を希望する理由

・自己PR

・希望職種

・公務員試験の受験状況

・配偶者、扶養家族数

※面接カードの内容は変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

面接質問集のご案内

北海道庁・道内市役所・国立大学法人の面接に不安を感じていませんか?

・何を聞かれるかがわからなくて怖い
・質問にクセがありそうで不安
・変な質問をされたらどうしよう…

その不安、アップドラフトが解消します!

受験生が実際の面接で聞かれた質問について、予備校講師時代から10数年にわたりコツコツ集めてきました。数多くの受験生を合格に導いてきたアップドラフトだからこそ提供できる、貴重な面接情報を特別公開しています(※以降、公開を停止する可能性もございます)。

アップドラフトは多くの受験生に信頼されており、その信頼はTwitterのフォロワー数にも表れています。事実、数多く存在する公務員試験アドバイザーの中で、日本No. 1のフォロワー数を誇ります(※予備校アカウントを除く)。

この信頼こそが、アップドラフトの提供する面接情報の価値を保証しています。最終合格を確実なものとするために、この面接質問集をご活用ください。

北海道
スポンサーリンク
公務員試験「面接・論文」対策ラボ@アップドラフト